日常の疑問

様々な疑問を解決できたらいいなというブログです。

手荒れてしまう原因と手荒れを治す方法とは?

f:id:momotaitai:20200404044313j:plain

こんにちは。

momotaitaiです。

momotaitai (@momotaitai82721) | Twitter

 

冬にカサカサしたりします。

特に水仕事などをすると手が荒れてしまったりしないですか?

手が痛くなったりかゆくなったりすると大変です。

 私も、寒くなるとよく手があれることがあります。

ひび割れてしまって血がでたりして痛いですよね。

今回は、手荒れってなんでなるのでしょうか?

 

 

 手荒れとは?

水仕事などをしていると、肌にカサカサになったりしませんか?

手荒れは、カサカサした亀裂みたいな傷みたいになってそこから痛みがでたりかゆみがでたりすることです。

 

手荒れの症状

  1. 手のしっとり感がない、カサカサする。
  2. 指紋の消失。
  3. 症状がひどくなると亀裂がはいってきます。

 このような症状がでたときは要注意ですね。

 

手荒れの原因は?

とくに手は、他の体の部分に比べて皮脂腺が少なく水仕事や空気の乾燥によって皮脂と水分が失われやすくなっています。

すなわち、水仕事や空気の乾燥によって手の皮脂がなくなっていき外部からの肌へのバリア機能が低下していき手荒れの症状となっていきます。

 

手荒れの原因となるもの

  • 台所用洗剤
  • 洗濯用洗剤
  • 石鹸
  • 植物
  • ほこり
  • 革製品
  • 美容用品
  • 食料品

一般家庭あるもので手荒れの原因につながっているものです。

 

手荒れを治す方法とは?

手荒れを治すために必要なこととして2つあります。

  1. 傷ついた肌の表面を修復させる
  2. 肌表面のバリア機能を維持させる。

 

治療法について

軽度の症状の場合:尿素軟膏、保湿剤、ワセリン等を使用し傷ついた肌の修復を行うのがよいと思います。

 

赤い、かゆい、小水疱等がある場合:ステロイドの軟膏が良いと思います。

 

症状によって治療方法もかわるので、皮膚科専門医を受診し相談して下さい。

手荒れの原因などの相談もしてもらえます。

 

手荒れのまとめ

手荒れの原因は、手の皮脂がなくなることで外部からの刺激物により肌が荒れてしまうのが原因となります。

 

こまめにハンドクリームなどをぬって肌の保湿を保つことが手荒れの予防策となります。

 

 水仕事などをする場合には手袋などを使用し、皮脂の減少を防ぐのも効果的かと思います。

お湯なども保湿を除いてしまうのでぬるま湯程度をご使用した方がよいでしょう。

 

一度近くの皮膚科専門医を受診し相談して下さい。

アドバイスを受けることができるのでお勧めです。